不眠症の原因は何?眠れないときの対処法を知ろう

不眠症の改善を望んでいるなら、なぜ症状が現れたのか知ることも大切です。自分でも気付かないうちに眠れない原因を作っているかもしれません。

ここでは不眠症の原因、そしてなかなか寝付けない場合に効果的な対処法を解説していきます。

そもそも不眠症ってどんな症状?

睡眠障害の詳しい症状
眠れない状態のことを不眠症だと考えている人はきっと少なくないでしょう。しかし不眠症には診断基準があります。

以下のポイントをチェックしてみましょう。

不眠症の診断基準
①自覚症状がある
→寝付きが悪い、途中で目が覚める、早朝に目覚めてしまう、疲れが取れない

②眠る環境が整っているにも関わらず①の状態に陥っている

③起きている間(日中)に以下のような症状が現れる

  • 集中力・注意力の低下
  • 頭痛やめまい
  • 気分障害(イライラ・落ち込み・焦燥感)
  • 眠気が取れない
  • 倦怠感・疲労を常に感じる
  • 食欲不振

上記の①~③に2つ以上該当している場合は不眠症である可能性が高く、特に③は不眠による日中障害が発現しているため、早めに改善させる必要があります。

不眠症が悪化すると・・・

人間の3大欲求の中には「睡眠欲」があります。眠ることは人間にとって当たり前のことで、身体が健康な状態を保つためにも必要不可欠な要素です。

そのため不眠症によって十分な睡眠がとれなくなった場合、身体の機能に影響を及ぼしてしまうのです。

不眠症が招く疾患として知られているのは精神疾患。脳が休まらず自律神経のバランスが崩れると、うつ病やアルコール依存症などを併発するリスクが高まります。

また、動脈硬化や高血圧になるケースも少なくありません。不眠症は早期治療が肝心なのです。

眠れない原因について

不眠症の原因を考えよう
日本の成人の約20%、つまり5人に1人は慢性的な不眠を抱えているという調査結果が出ています。(参照:日本生活習慣病予防協会

一体なぜ多くの人が不眠症に陥ってしまうのでしょうか。

不眠症はいくつかの原因が考えられます。時には複数の要因が積み重なって発症することもあるため、原因には個人差があると考えていいでしょう。

原因として考えられる要素は以下の通りです。

ストレス・不安・緊張

普段の生活の中で感じるストレス不安、そして緊張は、睡眠を妨害する要素になります。

責任感が強く神経質な人はストレスを抱えやすく、それが不眠症につながります。眠れないことが更に刺激となり、症状が悪化することも考えられるでしょう。

身体的/精神的な疾患

特定の疾患が原因で不眠症を併発することは珍しくありません。呼吸器疾患を持っている方は咳などで寝付けないことも多く、アレルギー疾患の場合は痛み・痒みで眠れないこともあるでしょう。

精神疾患は不眠症を併発しやすく、多くのうつ病患者が不眠の症状を抱えています。悪化する前に治療を行うことが大切です。

薬理学的な要素

甲状腺製剤や降圧剤などの医薬品が不眠をもたらすケースもあります。また、アルコールニコチンも薬物の1つです。

眠気覚ましに飲まれるコーヒーやエナジードリンクに含まれるカフェインも、大量に摂取することで慢性的な不眠に陥る可能性があります。

生活リズムの乱れ

不規則な生活リズムは体内時計を狂わせ、夜に眠れなくなってしまいます。仕事が多忙で昼夜逆転しているという人は特に注意が必要です。

普段から夜更かしをしている場合も生活リズムが崩れる原因になります。

睡眠に適さない環境

繁華街や道路が近く騒音が耐えない、またはネオンの光などで部屋が照らされているという環境は、質の良い睡眠をとるために相応しくありません。

気温が極端に低い/高い場合も同様です。眠れたとしても浅い睡眠しかとれず、疲れが残ることが考えられます。

眠れないときに試すべき対処法

眠れないときに効果的な対処法とは
不眠症の中でも特に多いのは、「眠りに入るまで時間がかかる」という入眠障害です。なかなか眠れないことで焦りや不安を感じ、余計に目が冴えてしまいます。

寝付きが悪い日が多いなら、簡単に試せる対処法を知っておくと便利です。

不眠時の対処法
・就寝時間、起床時間を決めておく
・就寝前のスマホやパソコン、ゲームなどは控える
・適度な運動を心がける
・昼寝しすぎない
・寝酒(就寝前の飲酒)は避ける
・自分なりのリラックスタイムを設ける
・適切な睡眠環境をつくる

こうした対処法は「快適な睡眠をとるための準備」として実行することをおすすめします。

睡眠薬を服用する必要性

上記のような対処法を実行しても症状が改善されない場合、睡眠薬を服用することを検討してみましょう。

睡眠薬は不眠症の治療に用いられています。心療内科などの医療機関で処方してもらえますが、最近は通販を利用する人も増えてきています。依存性がかなり少ない薬が主流になっているため、初心者でも安心です。

不眠の状態が長引くほど体調は崩れていきます。睡眠薬は自力で眠れる身体になるためのサポートを行ってくれる存在です。まずは状況を変えるために服用を始めるといいでしょう。

更新日:

Copyright© 睡眠薬通販で不眠症を改善! , 2019 All Rights Reserved.