【睡眠薬の違い】市販と通販、処方ではどれが効く?

睡眠薬はドラッグストアや病院、または通販(個人輸入)で購入できるのですが、それぞれに明確な違いがあることをご存知ですか?

ここでは購入場所によって異なる睡眠薬の効果、そして特徴などを解説していきます。

睡眠改善薬と睡眠薬の違いについて

睡眠薬の違い
不眠症の改善に役立つ睡眠薬ですが、購入場所によって扱われている薬の強さが異なっています。

市販されているものは睡眠改善薬、病院で処方してもらうものは睡眠薬(睡眠導入薬)と分けられるのですが、実は成分や作用は全くの別物です。

睡眠改善薬(市販) 睡眠薬(処方)
薬のタイプ 抗ヒスタミン剤 ベンゾジアゼピン系
非ベンゾジアゼピン系
オレキシン受容体拮抗薬
メラトニン受容体作動薬
改善できる症状 一時的な不眠 不眠症
※詳しい症状はこちらをご覧ください
代表的な薬 ドリエル
リポスミン
ウットなど
マイスリー
ルネスタ
ハルシオン
ロゼレム
ベルソムラなど
買える場所 薬局、ドラッグストア 病院

薬との相性なども関係するものの、基本的に効果の大きさは睡眠改善薬<睡眠薬。慢性的な不眠の症状には病院で処方してもらえる薬が最適です。

Amazonや楽天でも買える睡眠改善薬

ドラッグストアで買える市販薬はOTC(Over The Counter)医薬品と呼ばれ、要指導医薬品か一般用医薬品に該当します。細かく分類した結果は以下の通りです。

市販薬の分類 専門家 情報提供 ネット販売
要指導医薬品 薬剤師 書面での説明が義務 不可
一般用医薬品 第1類医薬品
第2類医薬品 薬剤師
登録販売者
努力義務
第3類医薬品 規定なし

ドリエルリポスミンといった睡眠改善薬は第2類医薬品。店頭はもちろんAmazonなどのオンラインショップでも購入でき、処方箋は必要ありません

深夜営業のドラッグストアも増えており、欲しい時に買いに行けるという点は魅力的です。

睡眠改善薬が役立つ場面

睡眠改善薬は軽度の不眠に最適
不眠の症状が軽い場合、市販の睡眠改善薬で快適な眠りを取り戻せます。

  • 心配事があって眠れない
  • 昼夜逆転生活で生活リズムが狂った
  • 最近眠りが浅い気がする

上記のような悩みを抱えている方はもちろん、時差ボケで眠れなくなった場合などにも役立つでしょう。

不眠症には睡眠薬が一番効く!

睡眠薬は基本的に病院で処方してもらう薬です。脳や自律神経に作用し、強制的に眠気を招きます

眠れない状況が続いている場合、市販薬が効かないことは珍しくありません。その場合は睡眠薬の服用を視野に入れることをおすすめします。

不眠症は集中力や注意力の低下、または日中の眠気や倦怠感など、日常生活に悪影響が及ぼします。そのため早期改善が不可欠。悪化する前に快適な睡眠を取り戻すことが重要です。

睡眠薬は通販購入が安くて便利

不眠症は睡眠薬で改善
病院では医師の判断により症状に見合う睡眠薬を処方してもらえるため、安全性は高いといえるでしょう。
しかし診療時間などの問題で通院が難しいという人も少なくありません。

そこで役立つのが海外医薬品の通販です。処方薬と同等の効果を持つ睡眠薬をネット上で購入でき、その際は処方箋が要りません

そして通販は数多くのジェネリックを扱っているため、費用を抑えることも可能です。中でも処方薬であるルネスタのジェネリックは人気があります。

投稿日:

Copyright© 睡眠薬通販で不眠症を改善! , 2019 All Rights Reserved.