睡眠薬の安全な飲み方|通販で買える薬は怖くない!

不眠症の改善に役立つ睡眠薬ですが、副作用や依存性といったマイナス要素が注目されることもしばしば。

しかし睡眠薬は用法・用量を守っていれば安全に服用できます。そして依存性に関してもそこまで不安になることはありません。

ここでは通販購入できる睡眠薬の正しい飲み方について解説していきます。

睡眠薬は正しく飲もう!

睡眠薬の服用方法
睡眠薬にはいくつかのタイプがあるのですが、どれも入眠前に服用するという点は同じです。

寝たいときに飲めばいいのでは?と考えているあなた。それは半分正解で、半分間違っています。

薬を服用するタイミングは眠りに入る15~30分前が理想的。普段寝ている時間帯に眠れるよう、リズムを崩さないことが大切です。

食前・食後どちらかの服用が推奨されている薬もありますが、食後に服用するタイプが一般的でしょう。空腹のままだと睡眠の質は低下してしまいます。食事はしっかり摂るようにしましょう。

初心者は錠剤を半分に割るのもアリ

初めて睡眠薬を飲むのであれば、錠剤を丸々飲むのではなく、半分に割ってみるのがおすすめです。薬との相性がよければ少ない量であってもしっかり効き、スムーズに眠ることができます。

この薬を飲めば必ず眠れる!ということはなく、相性のいい薬を服用することが大切です。

まずは効き目が控えめな睡眠薬を試してみて、それで満足できないようであれば効き目が強いものにシフトしていくといいでしょう。

睡眠薬の効果・副作用について

睡眠薬の効果や副作用について
睡眠薬と一口に言っても、有効成分が違えば作用も違います。ただし結果的に眠くなるという点は一緒です。

主な作用として、中枢神経の抑制に関わる脳内伝達物質を活性化し、脳をリラックスさせることで眠気を招くというものがあります。入眠障害などを抱えている方に最適です。

しかし眠りに入る前は足元がふらついたり、意識が朦朧としたりする副作用が出ることがあります。

発現率が高いとされている副作用はこちらです。

睡眠薬の主な副作用
・スムーズな起床が困難になる(寝起きが悪くなる)
・日中の倦怠感・眠気
・ふらつきや脱力感
・入眠前後の健忘

薬との相性は人それぞれ。上記のような副作用が生活に支障をきたす恐れがあるなら、別の薬の服用を検討する必要があります。

過剰摂取はとっても危険

医薬品には用法・用量があります。それは薬が持つ効果をしっかり発揮させるためだけではなく、副作用を抑えるために設けられているルールです。

睡眠薬は眠気を招く作用があるもの。用量を守らず過剰摂取してしまうと、重度の意識障害などを引き起こす恐れがあります。

ただし最近の睡眠薬は安全性が高く、過度に服用したとしても死に至るリスクは低くなっています。とは言え副作用が重くなることには変わりません。

また、一度服用して効果がなくても、追加でまた服用することは避けましょう。相乗効果によって思わぬ副作用が生じることが考えられます。

お酒と一緒に飲むのはやめよう

お酒との併用は避けるべき
お酒を飲んで眠くなる経験をしたことがある方は、睡眠薬の効果を強くするために飲酒すればいいと考えるかもしれません。

しかしそれはとても危険な行為です。アルコールと睡眠薬は一緒に飲むことを避けなければいけません。

アルコールも薬の成分も、肝臓や腎臓で分解されます。しかし同時に摂取した場合はアルコールの分解が優先されるため、薬の成分は長い間身体の中に残ってしまうのです。

健忘などの強い副作用が現れる他、人によってはアルコールを摂取すると薬が効きにくくなることもあります。

睡眠薬を服用するなら飲酒を避けるか、飲酒後は薬を飲むことを避けるようにしましょう。

睡眠薬の依存性は?飲み続けるとどうなる?

睡眠薬の依存性はどれくらい?
一昔前までの睡眠薬は依存性が高く、「薬がなければ眠れない」という状況に陥りがちでした。

しかし最近の睡眠薬は依存・耐性のリスクが格段に低くなっています。眠るために飲み続けたとしても、依存性が低い薬なら安心して飲めるでしょう。

睡眠薬は基本的に長期間服用することになります。不眠症の改善には時間がかかるのです。そのため自己判断で薬の服用をやめたりすると、睡眠のリズムが崩れて再び眠れなくなる可能性があります。

睡眠薬をやめるなら少量ずつ減らしていくことが大切です。依存性がない薬だからといって急にやめるのではなく、自然に眠れるよう身体を慣らす必要があります。

依存性の少ない睡眠薬は通販で

海外医薬品の通販サイトでは、病院で処方される睡眠薬と同じ有効成分を持つ「ジェネリック」を購入できます。

ルネスタと同じ成分のハイプナイトは人気です。高い効果・安全性を備えているため、初めて睡眠薬を飲むという方にもぴったりでしょう。

不眠症には医薬品だけではなくサプリメントが効くこともあります。サプリメントなら副作用のリスクがないため、より安心です。

投稿日:

Copyright© 睡眠薬通販で不眠症を改善! , 2019 All Rights Reserved.