【おすすめ睡眠薬】ルネスタ・ジェネリックは通販で買える!

不眠症の中でも入眠障害に悩む人は多く、中途覚醒などと併発することで症状がどんどん重くなってしまうケースも珍しくありません。

そんな症状を改善するためにはルネスタという睡眠薬が役立ちます。そしてジェネリックも人気です。

ここではルネスタ・ジェネリックについて解説していきます。

入眠障害に効くルネスタ。その効果は?

ルネスタの効果や副作用
横になっているのに眠気が訪れず、寝ようと焦ることで余計に眠れない入眠障害。それを改善するには超短時間型の睡眠薬が役立ちます。

超短時間型の薬は病院でも処方されています。有効成分エスゾピクロンを含むルネスタは特に処方されることが多い薬です。

服用してから効果が出るまでの時間が短いというメリットを持っています。効果が最大限に発揮されるのは服用から約1時間後。就寝前に飲んでおけばスムーズに入眠できるでしょう。

そして効果の持続時間は2~4時間という短さ。翌朝への影響も少なく、日中だるさを感じることも少ないと言えます。

副作用について

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。特徴としては依存性のリスクが低く、耐性がつきにくいという点が挙げられます。

安全性が評価されているルネスタですが、医薬品である以上どうしても副作用には気をつけなければいけません。

ルネスタを服用することで起こる副作用としては、ふらつき健忘などが考えられます。健忘は記憶障害の1つで、服用してから入眠までの記憶がすっぽり抜け落ちてしまう症状です。

発現率はそう高くありませんが、人によっては副作用が顕著にあらわれてしまう可能性があります。その場合は別の薬にシフトするなどして対応するといいでしょう。

ルネスタ・ジェネリックを買うなら通販で

ルネスタジェネリックの魅力
ルネスタは医師の処方箋がなければ購入できません。日本国内では病院を受診する方法でしか買えないのです。

しかし外国で作られているルネスタ・ジェネリックなら通販で購入可能!病院で処方箋を出してもらわなくてもいいので、通院が難しい方や費用を抑えたい方にぴったりです。

効果や副作用はルネスタと変わらない!

ジェネリックの有効成分はルネスタと同じエスゾピクロンです。中枢神経に作用して脳の興奮を抑え、眠気を招く効果があります。

副作用も健忘などの記憶障害、またはふらつきなどがあり、ルネスタと一緒です。

「病院でルネスタをもらっているけど、毎月通うのは大変」という方は、手軽に利用できる通販に注目してみるといいでしょう。

服用時の注意点

ルネスタ・ジェネリックは1mg2mg3mgのものがあります。成人であれば2~3mgの錠剤を就寝前に1錠飲むことが基本です。高齢者は1mgの服用をおすすめします。

効果が物足りないからといって用量を超えて服用すると、副作用が重くなる恐れがあります。ルールを守って服用しましょう。

また、ふらつきや健忘などの副作用のリスクがある以上、薬を飲んだあとはすぐ床に入る必要があります。自動車を運転したり機械を操作したりすると事故に繋がるリスクがあるため、絶対にやめましょう。

そしてアルコールとの併用も避けるべきです。アルコールを飲むと薬の依存性が高まり、自然に眠ることが難しくなってしまいます。

これらの注意点をよく理解した上で睡眠薬を購入することが大切です。

おすすめのルネスタ・ジェネリック

エスゾピクロンを有効成分とするジェネリックはいくつかあります。通販購入できる薬として人気があるものは以下の4つ。

  • ハイプナイト
  • フルナイト
  • ソクナイト
  • エスゾピック

この中だとハイプナイトやフルナイトが特に人気です。1ヶ月分(1箱)の平均価格は3,500円程度。病院に行く手間が省けるので、睡眠に関する悩みを抱いている方は通販購入を検討してみるといいですよ。

投稿日:

Copyright© 睡眠薬通販で不眠症を改善! , 2019 All Rights Reserved.